スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期優良化リフォーム?!

昨日は、千葉県中小建築工事業協会の平成25年度補正「長期優良化リフォーム推進事業」概要説明会に出席してきました。

すごく簡単に説明すると、住宅の性能を上げるリフォームをすると、国から最大で100万円の補助金がもらえる、という制度です。

細かいリフォーム内容については、これから詰めていくことになりますが、リフォームを計画されている方にとってはとても有益な制度です。

詳細が決まり次第、ご紹介しますので、今しばらくお待ち下さい。

長期優良化リフォーム推進事業の概要(案)

長期優良化リフォーム推進事業の概要(案)
スポンサーサイト

ひたち野自治会「みんなの家」落成式

牛久市の公民館『みんなの家』の落成式にお呼ばれしました。

80坪の木造建築で、弊社が設計・施工をさせて頂きました。

池辺市長のご挨拶を皮切りに、和やかに式が進みました。

私も挨拶の機会を頂き、有り難うございました。

家守りとして、これからも、ひたち野自治会のお役に立てるよう頑張ります。



__ 4

__ 2

__ 1

__ 3

ニッポンの注文住宅

ニッポンの注文住宅[2014](リクルート発行)に、弊社の作品が掲載されました。

総力特集『のびやか子育て、ジモトの家。』ということでお声掛け頂きました。

お選び頂いたリクルートの皆さん、取材にご協力頂いたお施主様、お礼申し上げます。

ありがとうございました。

ニッポンの注文住宅①

ニッポンの注文住宅②

ニッポンの注文住宅③

シロアリ対策

弊社では、シロアリ対策にホウ酸塩を主原料とするホウ素系木材保存剤を採用しています。

ご存知のように、ホウ酸はゴキブリ団子に使われる薬です。
(シロアリはアリと名前がついていますが、実はゴキブリの仲間なんですよね。)

人体には無害で、一度塗布すれば半永久的に持続する性質ですので、住宅の防蟻剤としては理想的です。

ただ、水に溶けやすく雨に濡れると、もう一度施工しなければならず面倒だということで、日本ではあまり普及していませんでした。

でも、逆に考えれば、水溶性ということは、ホウ酸は木の内部まで浸透していき効果が長時間持続するということですよね。

また、ホウ酸の毒性は食塩と同じ程度ですから、先にも書いたように人体というか、ほ乳類にとってはほぼ無害です。

室内空気汚染の問題を起こす、既存の化学薬品からホウ酸に切り替えることにより、現場の職人の健康被害も防げるようになるでしょう。

もっとホウ酸による防蟻が普及することを期待します。

▼リンク:ホウ酸塩の特性(ほう素の力)

何故、基礎断熱にするのか

弊社で施工する住宅の基礎は基礎断熱になっています。

一般的に基礎断熱工法はコストがかかると言われています。

では何故、私がコストのかかる基礎断熱工法を採用しているかですが、

①床を冷やしたくない

②気密住宅に確実にする

この2点が理由です。

また、木造住宅では室内の温熱環境の安定化が図れることも優れた点だと考えています。

関東では一般的ではないのですが、寒い地域では当たり前の工法です。

見えないところですが、コストUPや施工性の悪さを理由に関東では採用事例が少ないのは非常に寂しく思います。

▼リンク:基礎断熱の考え方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。